クライアントを開放するためコア・ビリーフ パターンに働きかける~プロフェッショナルクラス~ by トリシア・カエタノ- Trisha Caetano

by voiceworkshoppublished on 2022年5月17日

Vimeoでのご視聴・お申込み

【トリシアからのメッセージ】

このセミナーでは、私達の深い部分へとアクセスして、
私達が本当の自分と思っていた「嘘」にまで到達します。

「嘘」とはどういうことでしょうか?

それは「コア・ビリーフ」に関連します。

「コア・ビリーフ」は、人生におけるあらゆる行動の基礎を形成します。

人生において自分自身という存在をどう感じるのか、
人間関係の中でどう反応するか、
感情的にどう反応するかなどに関連しています。

こうしたコア・ビリーフは、
人生のごく初期に確立され、
生存という観点に基づき形成されます。

ですから、必ずしもコア・ビリーフは、
愛の元に生まれる訳ではなく、
「生存」のためにいやおうなく構築されることもあるという訳です。

そしてコア・ビリーフは、
感情、身体の反応、身体の神経経路
そして信念(ビリーフ)システムに
強烈にロックされています。

これらの生存信念は脳にプログラムされ、
相互に影響し合い、生涯にわたって行動や反応のパターンを形成します。

まず、私たちは、自分の
「コア・イシュー」を深く掘り下げる必要があります。

そして、核心的な問題(コア・イシュー)に
起因するパターンを理解し、
そのパターンが自分の人生に
どのような影響を与えてきたのかを理解しなければなりません。

さらに、私たちは、このように深いコア・ビリーフを
生み出したきっかけとなった経験に向き合う必要がありますが、
核(コア)となる問題を理解し、
その結果としての行動を見るための方法をお伝えします。

反応している心、身体、感情から解放するために、
具体的で方法を用いていきます。

また、真の自分を新たに理解し、
成功と幸せを手に入れるための方法を確立していきます。

【参加資格】

このオンラインセミナーは、
セラピストとしてお仕事をされている方を対象とした内容の、
マスタークラスです。

深いトラウマを抱えたクライアントに対して行う、
退行誘導の手順をご自身でも体験もできます。

トリシア・カエタノの養成講座
「前世療法ヒーリング」、「インナーチャイルドヒーリング」を受講されたかた、
もしくは専門家、カウンセラー向けのセミナーとなっています。

そして、昨年、または今年開催の
「時間と空間を超えた癒し」を受講することを推奨します。

※ただし、現在セラピストとしてお仕事をしていない方も、
このセミナーは受講可能です。

ご自分自身の深い癒しやトラウマの解消、
繰り返しているパターンや問題の癒しにご興味のある方は、
「時間と空間を超えた癒し」を受講した上で
こちらのセミナーを受講することをお勧めします。

【各日程で体験できる 退行誘導のテーマ】

<1日目 退行誘導のテーマ>

「コア・イシュー(核心的な問題)」をメインに取り上げます。
これは、あなたのトラウマでありあなたの信念です。

そしてその、あなたのトラウマや信念を探るうえで鍵となる
「ビュー・ポイント」も扱います。

そうすることで、感情だけではなく
フィーリングにもフォーカスをあてます。

ビュー・ポイントを使ってコア・イシューを見ていくと、
自分への信頼や裏切り、
自分への価値の有無により構成された
あなたの核となる「コア・ビリーフ パターン」が浮き彫りとなります。

この「コア・ビリーフ パターン」とは、
あなたが掴み続ける信念であり、
あなたがあなた自身を表現する際、
そのパターンを元に表現します。

そのパターンを見ていくために、
「自由連想」というテクニックを用い、
また、退行誘導を通じてあなたの潜在意識を見ていきます。

パターンとどのように向き合い、
どのように解放していくべきなのか、
大きなヒントを掴むことでしょう。

<2日目 退行誘導のテーマ>

問題を抱えたクライアントにどのように向き合い、
どのような問いかけを行えばよいのかについてお伝えします。

問題を抱えたクライアントの
「コア・ビリーフ パターン」に働きかけるために、
その一例として、誘導瞑想を行い、
自分自身のコア・ビリーフ パターンを丁寧に見ていき、
さらに、自分自身のインナーチャイルドと出会うことで、
自分自身が持つ他者をサポートする・
助けるということに対する恐れを見ていきます。

また、二つのタイプの傷付いた
インナーチャイルドについても解説します。

そして、叡智の存在と繋がる誘導瞑想も行います。

あなたはその存在から特別なギフトを受け取ることでしょう。

Up Next

Featured
Featured